債務整理の方法に特定調停というものがあります

特定調停とは、あまり馴染みがないですが、利用方法によってはメリットが大きい場合もあります。そのような特定調停のメリット等について記載しています。

あまり馴染みはないですが、債務整理の方法の一つとして
特定調停という方法があります。
“債務整理の方法に特定調停というものがあります” の詳細は »

過払金の請求は借入中でもできるのでしょうか?

借金を返済中でも過払い金は請求できます。しかし、デメリットもあるので、しっかりとした判断が必要になります。

今まさに借金を返済中の方でも、すでに借金を完済している方でも、
どちらでも過払金の請求はできます。
“過払金の請求は借入中でもできるのでしょうか?” の詳細は »

任意整理と個人再生について

任意整理は法的な強制力がないため、おのずから限界があります。任意整理ができない場合、個人再生という方法もあります

任意整理とは、司法書士等の専門家が依頼者の代理人として各債権者と返済方法について
交渉をして、きちんとした支払いが可能になるような返済計画を立てる手続きを言います。
“任意整理と個人再生について” の詳細は »

過払金を取り戻す訴訟について

過払金を裁判で取り戻す場合でも、裁判をしないときよりも早く解決できることがあります。過払金請求の裁判は、比較的勝訴しやすいことが一因です。

過払金の請求は、必ず裁判をするということではありませんが、
多くは、金額、返還時期等について、お互いに争いになります。
“過払金を取り戻す訴訟について” の詳細は »

自己破産と養育費の支払いについて

養育費を支払っている人が自己破産をしても、養育費の支払いは免除されません。これhは、養育費を受け取る側の生活を守るための規定です。

自己破産を検討している方の中には、現在養育費を払っている方もいるでしょう。
中には、支払いに困り、養育費を滞納してしまっている方もいるかもしれません。
“自己破産と養育費の支払いについて” の詳細は »

なぜ専門家に依頼すると債権者からの督促が止まるのでしょうか?

専門家に債務整理を依頼すると、債権者からの督促が止まります。事実上止まるだけではなく、れっきとした法律上の根拠があります。

債務整理を司法書士等の専門家に依頼すると、
まず最初に受任通知を各債権者に送付します。
“なぜ専門家に依頼すると債権者からの督促が止まるのでしょうか?” の詳細は »

自己破産申立前の離婚と財産分与について

配偶者が自己破産を申立てる直前に離婚をし、財産分与を受ける際には注意が必要です。最悪の場合、管財人から財産を取り返されることもあります。

自己破産を申立てる前に、離婚をして、配偶者に財産分与として財産を渡す。
その後に自己破産を申し立てた場合の話です。
“自己破産申立前の離婚と財産分与について” の詳細は »

借入がある会社への過払金請求の注意点

借入のある会社に対しても過払金請求は可能です。しかし、場合によっては信用情報に影響が出るので、手続きは慎重に行う必要があります。

過払金請求を考えている方。
過払金請求はブラックリストに載らないって、インターネットによく書いてあります。
“借入がある会社への過払金請求の注意点” の詳細は »

« 過去の記事
 

債務整理のサポートセンターに相談をどうぞ
借金を整理して生活をたてなおせるよう司法書士がサポート