財産について|よくある質問|任意整理、債務整理なら司法書士法人アミーズ横浜事務所

無料相談用フリーダイヤル 0120-373-000
任意整理、債務整理サポートセンターにお任せ安心!

よくある質問〜第4章 債務整理と財産〜

HOMEよくある質問 › 第4章 債務整理と財産

« 前へ(第3章〜債務整理と家族〜) | » 次へ(第5章〜債務整理とブラックリスト〜)

Q18.財産を処分されますか?

財産を強制的に処分されることは原則としてありません。
債務整理は借金を減額させますが、法律上有効な借金の元本を、きちんと支払う手続きだからです。
例外は、不動産などが借金の担保になっている場合です。
債権者が債務整理の話し合いに応じず、不動産を処分して、貸したお金を回収しようとする可能性があります。

▲ページ先頭へ

Q19.自動車はどうなりますか?

自動車ローンの債権者を債務整理しなければ、自動車を維持できます。
反対に、債務整理すると債権者に自動車を引きあげられる可能性が高いでしょう。
通常、自動車ローンの返済中は、自動車の所有者は債権者だからです。
返済が終わると債権者は購入者に名義を移します。

▲ページ先頭へ

Q20.自分名義の住宅はどうなりますか?

1.住宅ローンが残っている場合

住宅ローンの債権者を債務整理せず、きちんと支払っていけば住宅を維持できます。

2.抵当権など、担保権の設定がない場合

債務整理しても、住宅を維持できる場合が多いと言えます。

たしかに返済が滞ると、債権者には、
債務者の住宅を処分してお金を回収する選択肢があります。
けれどそれには、裁判、および競売の費用がかかります。
そのため、この選択肢をとる可能性は高くありません。

債務整理は法律上有効な元本をきちんと返す手続です。
債権者にとっても、費用をかけて住宅を処分してお金を回収するより、
債務整理の方が有利な面もあるといえます。

▲ページ先頭へ

3.消費者金融からのローンの担保にしている場合

住宅を担保にしたローンを債務整理せず、きちんと支払っていけば住宅を維持できます。
住宅を担保にしたローンを債務整理しようとすると、
住宅の価値やローンの残高によっては、不動産を処分される可能性があります。

« 前へ(第3章〜債務整理と家族〜) | » 次へ(第5章〜債務整理とブラックリスト〜)

▲ページ先頭へ

無料相談のご利用はこちら

任意整理、債務整理のご相談:フリーダイヤル0120-979-226

通話料無料のフリーダイヤル

24時間受付・携帯電話からもつながります


無料相談申込みフォームはこちらからどうぞ

赤いボタンを押しただけでは、
ページが移動するだけで申し込みにはなりません。
ご安心ください。

無料相談お申し込み最後に

〜追伸〜

お越しの方が時間を気にせずお話できるよう、
当事務所では無料相談を原則1日3件までに限らせていただいています。
お早めの日にご相談を希望の方は、今すぐにでもご連絡をどうぞ!

▲ページ先頭へ

任意整理、債務整理の無料相談受付中!フリーダイヤル0120-979-226

過払い金を自分で
計算してみたい方へ

上をクリックすると
過払い金が計算できるページに移動します。

過払い請求計算ソフト
対応エリア

自己破産・債務整理の無料相談をご利用いただける主な地域
(司法書士、及びスタッフゆかりの地域限定です)

横浜(神奈川区,西区,港北区,青葉区,旭区,泉区,港南区,栄区,瀬谷区,都筑区,鶴見区,戸塚区,中区,保土ヶ谷区,緑区,磯子区,金沢区,南区)

藤沢,横須賀,鎌倉,相模原,厚木,大和,海老名,座間,逗子,茅ヶ崎,平塚,綾瀬,三浦,小田原,秦野,伊勢原,南足柄

川崎市(川崎区,幸区,高津区,多摩区)

その他神奈川県全域

東京都