日常生活について|よくある質問|任意整理、債務整理なら司法書士法人アミーズ横浜事務所

無料相談用フリーダイヤル 0120-373-000
任意整理、債務整理サポートセンターにお任せ安心!

よくある質問〜第2章 債務整理と日常生活〜

HOMEよくある質問 › 第2章 債務整理と日常生活

« 前へ(第1章〜債務整理全般〜) | » 次へ(第3章〜債務整理と家族〜)

Q7.債務整理すると、周りの人に知られますか?

周りの人に知られる可能性はほとんどないでしょう。
一般の方が目にするものに債務整理の事実は載らないからです。
次のものにも債務整理の事実が掲載されることはありません。

  • 住民票
  • 戸籍
  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • パスポート

▲ページ先頭へ

Q8.世間的な信用を失いますか?

世間的な信用を失うことは、まずありません。
債務整理すると、その事実が信用情報機関(俗にいうブラックリスト)に登録されます。
登録されると、返済能力の点では信用力が落ちると考えられますが、
このことと世間的な信用とは関係ありません。

▲ページ先頭へ

Q9.勤務先に知られますか?

債務整理をして勤務先に知られることはまずありません。
一般の方が目にするもので、債務整理した事実がのるものはないからです。
勤務先から借入れをしている場合も、勤務先を整理の対象としなければ、
債務整理の通知を勤務先にする必要はありません。

▲ページ先頭へ

Q10.債務整理する債権者以外のカードは使えますか?

時期に差はありますが、多くの場合使えなくなります。
債務整理すると信用情報機関にブラックリストとして登録されます。
その情報を、債務整理しない会社も確認できるからです。
通常、ブラックリストへの登録が確認されると、取引ができなくなります。

▲ページ先頭へ

Q11.銀行の口座は使えなくなりますか?

いいえ。債務整理をしても銀行の口座は引き続き使えます。
新しく口座をつくることもできます。
ただし、銀行からの借金を債務整理すると、
その銀行の口座はしばらくの期間使えなくなります。

« 前へ(第1章〜債務整理全般〜) | » 次へ(第3章〜債務整理と家族〜)

▲ページ先頭へ

無料相談のご利用はこちら

任意整理、債務整理のご相談:フリーダイヤル0120-979-226

通話料無料のフリーダイヤル

24時間受付・携帯電話からもつながります


無料相談申込みフォームはこちらからどうぞ

赤いボタンを押しただけでは、
ページが移動するだけで申し込みにはなりません。
ご安心ください。

無料相談お申し込み最後に

〜追伸〜

お越しの方が時間を気にせずお話できるよう、
当事務所では無料相談を原則1日3件までに限らせていただいています。
お早めの日にご相談を希望の方は、今すぐにでもご連絡をどうぞ!

▲ページ先頭へ

任意整理、債務整理の無料相談受付中!フリーダイヤル0120-979-226

過払い金を自分で
計算してみたい方へ

上をクリックすると
過払い金が計算できるページに移動します。

過払い請求計算ソフト
対応エリア

自己破産・債務整理の無料相談をご利用いただける主な地域
(司法書士、及びスタッフゆかりの地域限定です)

横浜(神奈川区,西区,港北区,青葉区,旭区,泉区,港南区,栄区,瀬谷区,都筑区,鶴見区,戸塚区,中区,保土ヶ谷区,緑区,磯子区,金沢区,南区)

藤沢,横須賀,鎌倉,相模原,厚木,大和,海老名,座間,逗子,茅ヶ崎,平塚,綾瀬,三浦,小田原,秦野,伊勢原,南足柄

川崎市(川崎区,幸区,高津区,多摩区)

その他神奈川県全域

東京都