費用について|任意整理、債務整理なら司法書士法人アミーズ横浜事務所

無料相談用フリーダイヤル 0120-373-000
任意整理、債務整理サポートセンターにお任せ安心!

債務整理の司法書士費用

HOME › 債務整理の費用

過払い請求で損をしたくない方へ・・・「絶対に損しない過払い請求」⇒返金保証制度 実施中!

 過払い金が返ってこないときは、費用の全額をお返ししています!

司法書士法人アミーズ横浜事務所 設立2周年キャンペーン

債務整理・任意整理・過払い金の請求、という手続きが世の中に普及してきました。
以前は、過払い請求手続きに当たり、
約3万円〜5万円の着手金、4万円前後の1社当たり費用は一般的な水準でした。

最近では、司法書士や弁護士の努力もあり、
債務整理・任意整理・過払い請求の着手金・費用がだんだん安くなりつつあります。
司法書士法人アミーズ横浜事務所も司法書士業界の動向を踏まえ、
着手金、および1社当たりの手続き費用を改定することにいたしました。

 

費用については、多くの方が気になされますし、ご心配になられます。
そこで、とても重要なことをこのページに書きました。ぜひ、最後までお読みください。


◆着手金 (債務整理・任意整理・過払い請求の手続き)

改定前 29,800円 ⇒ 改定後 無料


◆1社当たりの手続き費用

改定前 29,800円⇒改定後24,800円(税込26,784円 )
介入の会社が1社のみ 29,880円 ⇒ 改定後 無料

※司法書士界の今後の動向によっては、
  事前の予告なしに元の費用に戻ることがあります。 ご了承ください。

くわしくは、いますくご連絡をどうぞ!0120-979-226

目次

当事務所の任意整理の費用(税込み)

費用は一律1と2のみです。

1. 固定費用

A 着手金(任意整理の手続ご依頼時にお預かりさせていただいています。)
   =29,800円無料(報酬改定により)

B 1社ごとの費用

   =29,800円
   ⇒
24,800円(税込26,784円)(報酬改定により)
×任意整理する会社の数
   整理する会社が1社のみの場合=29,880円 ⇒無料(報酬改定により


C 事務手数料、および依頼者情報管理手数料

   

   = 49,800円(税込53,784円)


2. 減額成功報酬

   無料(減額が50万円未満)〜最大9.96%

下のように、任意整理によって減った借金の額に応じて、
成功報酬がかかります。

報酬額
減額成功額
報酬の%
無料
0円〜50万円未満
0%

49,800円

税込 53,784円

50万円〜100万円未満
4.98〜9.96%

98,000円

税込105,840円

100万円〜200万円未満
4.9%〜9・8%

148,000円

税込159,840円

200万円以上
7.4%以下

 

例えば、
6社から借入れをしていて、4社を債務整理し、
借金が200万円から10万円に減額された 場合、
費用は下のようになります。

A 着手金として、ご依頼時に29,800円。⇒無料
B 債務整理の手続き費用は、149,000円(税込160,920円)です。
 (24,800円×4社=99,200円+49,800円=149,000円)(税別)
C 減額成功報酬は、49,800円(税込 53,784円)(0.5%)です。

 

減額成功報酬が低く、上限があるので安心です!

多くの弁護士事務所、司法書士事務所では、
10%近い減額成功報酬を請求します。
司法書士法人アミーズ横浜では、
減額が50万円未満の場合無料です。50万円をこえても、5%〜、
最大でも 9.8%が上限なので安心です。

くわしくは、減額成功報酬とは?をクリックすると解説ページにつながります。


着手金について。

無料です。


お支払について。

分割払いが任意整理の費用については可能です。

「返金保証」ってなんですか?

返金保証とは、過払い請求であなたたが絶対に損をしないための保証です。
あなたが損をするかもしれないリスクは、当事務所が負担します。

過払い請求を、司法書士費用を払ってしてみても、・・・

  • 戻ってきた過払い金が、費用より少なかったら損するのでは?
  • 過払い金を回収できなかったらどうなるの?
  • 過払い金って、いくら戻るのか分からないし、損しないか心配。。。

上記3つのことは、誰でも感じることがあるかもしれません。
ご安心ください。
過払い請求の依頼者が損をしないように、
次の場合手続きの費用を全額あなたにお返しします。

@過払い金を1円も貸金業者が返還しなかった場合。
A過払い金の返還額が、手続きの費用よりも少ない場合。

司法書士費用の支払と、
任意整理した債権者への支払いの時期は原則重なりません。

ご依頼後、債権者への支払は必要ありません。

司法書士費用のの分割払いが終了してから、
債権者への任意整理後の残債務の支払が開始するよう、
任意整理手続きの中で当事務所が債権者と交渉します。

過払い金返還に成功した場合(話し合いで解決)・・・@

債権者から返還された金額の21.6%(税込)

例えば、50万円返還されましたら、
50万円×21.6%=108,000円
成功費用は108,000円です。
392,000円(50万円−108,000円)が相談者に返還される金額です。
もう少しくわしくは、
過払い金とは ?をご参照ください。


過払い金返還に成功した場合(訴えにより解決)・・・A

返還を受けた額の5.40%(司法書士の報酬)+49,800円(税込53,784円※実費、日当)が、
過払い金返還請求の費用として@に加算されます。

※実費とは、
・ 裁判所に払う収入印紙代
・ 裁判所に提出する郵便切手代、
・裁判所までの交通費などです。 

自己破産の費用についても気になる方へ。

くわしくは、 自己破産の費用(アミーズ横浜司法書士の場合)
をご参照ください。

▲ページ先頭へ

当事務所の債務整理費用3つの特長

任意整理費用3つの特徴(アミーズ横浜の場合)

特徴1 司法書士費用が明確

当事務所の任意整理費用の計算方法は一律(@+A)です。

@.固定費用
  着手金=29,800円 ⇒無料(費用改定により)
  任意整理の手続き費用=29,800円⇒24,800円(税込26,784円)(費用改定により)(1社当たり)
  事務手数料=49,800円(税込53,784円)(何社任意整理しても一律)

A.減額成功報酬(減額50万円まで0%。50万円を超えると5%〜、最大でも9.96%)
=無料、49,800円(税込53,784円)、98,800円(税込105,840)、
または148,000円(税込159,840円) (減額に成功した額によって変わります)

明確といえる5つの理由+2点

  • @この任意整理費用は消費税込みです
  • Aアミーズ横浜の司法書士を代理人として債権者を訴えるなど、
     特別な事情を除き、別途の費用はいただきません
  • B手続き中に発生する郵便料金は、
     
    通常郵便、速達、内容証明、配達証明郵便を問わず、
     別途にいただくことはありません
  • C債権者との交渉の際の交通費、日当をいただくこともありません
  • D債権者の種類(消費者金融会社、銀行、信販会社など)を問わず一律です

さらに2点、 当事務所では次の任意整理に関する別途費用もいただきません。

特徴2 手続終了後90日間の、無料相談のご利用が可能です

債務整理の手続きの期間中はもちろん、
手続き終了後も90日間、回数無制限の無料相談を受け付けています。

債務整理の手続きは、はじめての方がほとんどですので、
わからないこと、ご不安なこともあると思います。

「追加で任意整理したい会社があるけど・・」
「支払方法を変更したいけど・・」

など、手続き後も、気になることが出てくるかもしれません。
だからこそこのサービスを設けました。

債務整理手続きに関連することなら、
いつでも、何でも、何度でも、お気軽にご相談どうぞ。


特徴3 サービス内容が充実
         (裁判書類の作成、内容証明郵便サービスなど)

司法書士費用の中には、当事務所の場合充実した手続が含まれています。

例えば、
過払い金返還請求訴訟の書類作成、内容証明、配達証明郵便作成、
などです。

内容証明郵便、配達証明郵便を送るケースとしては、
過払い金の請求や借金が時効で消えていることの主張などがあります。

訴訟を提起することも視野に入れ、確実に証拠を残す必要がある場合、
相手にこちらの意思をきちんと伝えたい場合に有効です。

▲ページ先頭へ

含まれている8つの手続き・サービス

@受任通知を債権者(お金を借りた相手)に発送

受任通知とは、債務整理のご依頼を引き受けたことを記載した書類をいいます。
これをご依頼日の当日または翌日に債権者に発送します。

認定司法書士が出す受任通知が到着すると、
法律で取り立てを禁止されますので、債権者からの取り立てはストップします。


A債権者(お金を借りた相手)とのやり取り

債権者との連絡は、当事務所が窓口となり一手に引き受けます。
「お金を借りた会社とやり取りをするのは、精神的に辛いな。」


もしかしたら、そのような思いがあるかもしれません。
ご安心ください。やり取りは当事務所にお任せです。


B債権の調査(借金の残額の調査)

実際に支払義務が残っている、本当の借金の残高を調べます。
調べ方としては、まず、※取引の履歴を開示するよう債権者に請求します。

つぎに、それを元に当事務所が、
利息制限法という法律に基づいて、
取引の金利を適正な金利(15〜20%)に訂正して借金の残高を計算し直します。

消費者金融の多くは法律に反して高い金利をとっています。
あなたが過去返済した額の内、
法律上は元本の返済に充てられるはずのお金が、
違法な利息分の返済に充てられています。

そのため、
過去にあなたが返済した額のうち、
違法な利息分として消費者金融に処理されてしまった額を過去にさかのぼって計算し、
それを元本の返済に充てると借金が減るのです。

この計算をして残った額が、支払義務のある本来の残高です。

※取引履歴とは
「消費者金融会社が、あなたにいくら貸しているのか」
「債権者とあなたは、どのような取引をしてきたのか」
などが詳細に記録されている資料をいいます。


C過払い金返還の請求

借金の再計算をすると、
債務整理する債権者にお金を払いすぎていることがあります。

その場合、
払いすぎたお金を返すよう債権者に請求できます。
その請求を当事務所が行います。

過払い金が発生する仕組みは以下の通りです。
違法な高金利に充てられた返済額の内、
法律(利息制限法)に違反する分は、元金の返済に充てることができます。

その計算をすると、
払いすぎ(返済が終わっているのに支払をしていた)になっていることがあるのです。


もう少しくわしくは、
過払い金とは ?をご参照ください。

D借金の過払い金返還請求訴訟の書類作成

※第一審の過払い金返還請求訴訟の際の書類を当事務所が作成します。

法律を根拠に交渉をしても、
債権者が過払い金の支払いに応じない場合、
応じるけれど返還額が不当に少ない場合があります。

その場合、
債権者を訴えて、過払い金返還請求をする方法があります。

この方法をとる際、
弁護士や認定司法書士に訴訟の代理人を依頼すると、
訴訟の費用の方が、
過払い金額より高額になってしまうことがあります。

そこで当事務所では、
「弁護士・認定司法書士の訴訟費用がかからないよう、裁判所へは自分でいく」
とご判断されるご依頼者を、裁判に必要な書面作成でサポートしています。

※第一審とは
最初に訴えを提起した裁判所における審理のことを言います。
第一審裁判所は「簡易裁判所」、「地方裁判所」などです。
そこで負けても上級裁判所で再度裁判をすることができ、
それを第二審と言います。日本では、裁判は第三審まで認められています。


E和解交渉・和解・合意書の作成および取り交わし

借金の再計算後の残高を元に、次の内容を債権者と交渉します。

「借金の残高の確定」、「支払回数」、「月々の支払額」、
「利息・支払遅延損害金の扱い(原則カット)」などです。

交渉が済みましたら和解案を決めます。
そして、和解案の内容を書面にし、債権者と取り交わします。


F完了後90日間は、無料でご不安やご不明点のご相談ができます

手続きをご依頼いただいてから、
債務整理手続き終了後90日間、回数無制限で無料相談をご利用できます。

ご相談内容は、
債務整理手続き関することであれば何でも構いません。

電話でもメールでも、直接お会いしてのご相談でもかまいません。

「はじめてのことだから、債務整理の手続きについてわからないこと、不安なことがいっぱいある。」
「依頼する前に、気になることは全部きいたけれど、
家に帰ったら、債務整理についていろいろ聞きたいことがでてきた。」
「任意整理の手続きをしたけれど、急な事情で返済がきつい、どうしよう・・・」

ご依頼後、債務整理についてこうしたことをお感じになる方は少なくありません。
そんなとき、当事務所なら安心です。


G定期連絡サービス

「手続きの依頼をしたけど、連絡がぜんぜん来ない。
いま、私の債務整理の手続きはどうなっているの?」

「連絡がこないけれど、ちゃんと手続きは進んでいるのだろうか?」

「和解内容に自分の希望はきちんと反映されているんだろうか?
電話の一本もこないからわからないじゃないか!」

これでは、
ただでさえはじめてで不安の多い債務整理です。
ますます不安になってしまいますね。

ご安心ください。
当事務所では、債務整理のご依頼をいただいた後、
定期的に手続きの進行状況を連絡します。

「今、債務整理の手続きがどの段階か」、
「債権者はどのような対応をしてきているか」、
「いま当事務所は何をしているのか」
などがお分かりになります。


| 当事務所3つの理念へ >>

▲ページ先頭へ

無料相談のご利用はこちら

任意整理、債務整理のご相談:フリーダイヤル0120-979-226

通話料無料のフリーダイヤル

24時間受付・携帯電話からもつながります


無料相談申込みフォームはこちらからどうぞ

赤いボタンを押しただけでは、
ページが移動するだけで申し込みにはなりません。
ご安心ください。

無料相談お申し込み最後に

〜追伸〜

お越しの方が時間を気にせずお話できるよう、
当事務所では無料相談を原則1日3件までに限らせていただいています。
お早めの日にご相談を希望の方は、今すぐにでもご連絡をどうぞ!

▲ページ先頭へ

任意整理、債務整理の無料相談受付中!フリーダイヤル0120-979-226

過払い金を自分で
計算してみたい方へ

上をクリックすると
過払い金が計算できるページに移動します。

過払い請求計算ソフト
無料メルマガ登録

公開!借金で苦しむ生活からの【合法的脱出法】とは?

  

バックナンバー

無料メルマガ登録
対応エリア

自己破産・債務整理の無料相談をご利用いただける主な地域
(司法書士、及びスタッフゆかりの地域限定です)

横浜(神奈川区,西区,港北区,青葉区,旭区,泉区,港南区,栄区,瀬谷区,都筑区,鶴見区,戸塚区,中区,保土ヶ谷区,緑区,磯子区,金沢区,南区)

藤沢,横須賀,鎌倉,相模原,厚木,大和,海老名,座間,逗子,茅ヶ崎,平塚,綾瀬,三浦,小田原,秦野,伊勢原,南足柄

川崎市(川崎区,幸区,高津区,多摩区)

その他神奈川県全域

東京都